www.hotelmoscow.biz

-

-

自動車の事故発生した場面で被害者であったとしても先方が過ちを少しも認めないことはたくさん存在します。仮定として、意思と関係してではなく注意不足で自動車を追突した時にこういう争いに結果なってしまう状況がありがちです。そうであっても、そこで車だけの物損片付けられて忘れた頃に異常が出た時に通った病院の証拠書類を警察に出すということは対応が遅くなる事は否めません。それならば、自動車事故の過失割合の決定にはどういう判定基準が決まっているのでしょうか。正しく申しますと、警察署が判断するのは、車の事故の責任が考えられるのは関係したドライバーのどちらかということであり、「過失割合」ということではないのです。その上、最終的に決定された事故責任者が明確にされる事は事は考えられません。ですので、過失の割合がどうなのかは事故にあった両者の協議によって決定されたその結果が損害賠償の基準になります。この場合、互いが任意で加入できる保険に加入をしていなかった時には、本人同士がダイレクトに調整することしかできません。だけど、当然の事ながらこのやり取りでは、冷静さを失った応報になるケースが高いです。それに加えて、お互いの主張に相違があれば最悪、係争に入りますが、その場合長い年月と裁判費用かなり大きな損を避ける事ができません。そのため多くの状況で事故に関係する人についている自動車保険会社、そのように双方の自動車の保険会社に調整を全て任せる手段を利用して、適当な「過失割合」を冷静に決定させます。そのような際には保険の会社はそれまでの自動車の事故の裁判によって導きだされた結論から決められた判断基準、判例集を参考に予想と相談を交えて過失の割合がどうなのかを算出します。そうであっても、交通事故の際には巻き込まれてしまったのか巻き込んでしまったのかを考える前に、第1に110番するのが絶対です。その後、保険屋さんに連絡をしてこの先の話し合いを委ねるのが順序になります。ちゃんとした手順さえ知っておけば当事者同士の堂々めぐりの交渉となるケースを未然に防止できるに違いないのです。

Copyright © 2000 www.hotelmoscow.biz All Rights Reserved.